やはり猫様は格が違った……知っておきたい「猫の十戒」

やはり猫様は格が違った……知っておきたい「猫の十戒」

以前ペトラでは犬の十戒をご紹介しました。
「なんて従順なんだろう……」「一生大切にしなければ……」と涙がこぼれそうになったものです。

ところで猫の十戒はご存知ですか?
犬の十戒はちょっと様子が違っています。
すでに猫を飼っている人は「そうかも!」と納得してしまう部分が多いかも。

それでは、ちょっと上から目線な猫の十戒をご紹介します。

猫の十戒 その一

私の生涯はだいたい15 年くらいしかありませんが、たまに20 年以上生きてしっぽが裂けます。
ほんのわずかな時間でもあなたが離れていると腹が立ちます。
私が家族になってやるので、そのことを覚悟しなさい。

猫の十戒 その二

あなたが私に望むことを理解するつもりはありません
待っても無駄です。

猫の十戒 その三

私を崇拝しなさい
私にとってそれが一番大事なことなのです。

猫の十戒 その四

私を長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしてはなりません。
でも狭いところは好きなのでダンボール箱を用意するのは許可します。

あなたには仕事や楽しみもあり、友達だっているかもしれませんが、私のお世話をすることに勝る悦びはないはずです。

猫の十戒 その五

私に話しかけなさい。
あなたの話していることが何かはどうでもいいですが、話しかけるあなたの声はわかるのです。
ほめ言葉は特に

猫の十戒 その六

あなたが私にどんなふうにしてくれたか、私は決して忘れません。
恨みは倍返しします。

猫の十戒 その七

私をたたいたりする前に思い出しなさい。
私の歯はあなたの手の骨をかみ砕くことぐらい簡単にできるのに、気が向いたときにしかかまないようにしていることを。

猫の十戒 その八

私が言うことを聞かないと怒る前に、まずは自分に問い掛けてみなさい。

たっぷり食事を与えてましたか?
それは私の好きなシーバですか?
日なたで気持ちよく昼寝をしているのをじゃましませんでしたか?

もしかすると年を取って体が弱ってきているのかもしれませんが、どのみち私がしたいことに従わないほうが悪いのですから、あきらめなさい。

猫の十戒 その九

私が年をとっても世話をしなさい。
あなたも同じように年をとりますが、私は年をとってもかわいいのです。

猫の十戒 その十

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送りなさい。
「かわいそうで見ていられない」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言うのは許しません。

なでなさい。
なで続けなさい。
かわいいね、いい子だねと言いなさい。
言いまくりなさい。

そうすれば私は着換えの時間を少し短くしてやってもよいです。まあ、気が向いたら。

※着換えの時間を短く:猫は天国で毛皮を着換えて飼い主に会いにくると言われていて、その時間を短くしても良いよという意味

犬の十戒とは全く違う

猫の十戒、いかがでしたか?
気分屋の猫らしいな……と感じた人も多いのではないでしょうか。

猫を飼っている人なら、「あるある!」と納得する部分もあるのでは?

Recent Entry

最近の記事