犬のきもちを読み取る共感デバイス「INUPATHY」がクラウドファンディングサイト「Indiegogo」に登場!

犬のきもちを読み取る共感デバイス「INUPATHY」がクラウドファンディングサイト「Indiegogo」に登場!

「INUPATHY」と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょう? 犬? テレパシー?
そう、その両方です!

今回ご紹介するのは、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて現在出資を募集している犬専用の感情表現デバイス「INUPATHY」です!

愛犬のキモチによりそう共感デバイス「INUPATHY」

INUPATHYは、内蔵されたセンサーによりリアルテイムに心拍数を集計し、犬の精神状態を可視化するというもの。

感情を色でお知らせ

計測された精神状態によってハーネスのような本体部分が、

  • ドキドキ(赤)
  • リラックス(青)
  • 喜び(レインボー)
  • 集中(白く点滅)

と色と光で知らせてくれるそうです。

専用スマートフォンアプリ

「INUPATHY」で集計されたデータはすべてスマートフォンアプリに蓄積され、日別、週別、月別での気持ちの移り変わりや平均値、過去から現在までの関係値をいつでも確認できるとのこと。

また、専用のアプリにはさまざまな「愛犬との遊び方」が登録されていて、その時の愛犬と飼い主の関係に応じてオススメの遊びの提案し、遊んでいる最中の感情の変化も記録してくれるそうです。

オススメの遊びの提案

しかも安心の防滴仕様。やんちゃなわんこにも安心ですね!

カラーラインナップはグレー、ピンク、ブルーを予定しているとのこと。

「INUPATHY」の購入方法

「INUPATHY」はIndiegogoにて出資を募集しており、資金が集まれば生産が開始されます。
現在、149ドル(約17,000円)のSuper Early Birdモデルはすでに完売、199ドル(約22,600円)のEarly Birdモデル以上が出資を募集している模様。

ご購入はIndiegogoのページからどうぞ。

「INUPATHY」まとめ!

クラウドファンディングによるペット向けデバイスも今はもう珍しくありませんが、なんとこの「INUPATHY」は日本発のプロジェクト。
自国から先進的なアイディアが生まれ、世界中に認められて商品化されるのは嬉しいものですね。

コロニー編集部も微力ながら応援してます!

INUPATHY(イヌパシー) – 愛犬のキモチに寄り添う共感デバイス
INUPATHY Facebookページ

Recent Entry

最近の記事