室内でも危険! 犬の熱中症にご注意

室内でも危険! 犬の熱中症にご注意

散歩を早朝や日が暮れてからにするなど、気を遣っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。
でも、意外と多いのが室内の熱中症。

犬はほとんど汗をかく事ができません。
そのかわり、舌を出してハアハアしているのをよくみかけますよね。

気化熱を利用して体温を下げようとしているのですが、蒸し暑い日本の夏ではあまり効果がなく、特に老犬や子犬だと、体にとても負担がかかってしまいます。
よだれを大量に出し始めたら、熱中症の危険信号です。

また、美容室で短くカットしてもらえば涼しいんじゃない? と思いがちですが……実は見た目ほど涼しくないのでご注意を。
とはいえ、ブラッシングして抜け毛をしっかり取ると体の熱がこもりにくくなります。

室内の熱中症対策はどうしたらいい?

クーラーをかけていない室内は、窓をあけたり扇風機などで風通しを良くしましょう。
水はいつでも飲めるようにしておきましょう。

凍らせたペットボトル保冷マットは好きなときに体を冷やせます。
保冷効果のある専用の服首に巻いて使う保冷グッズだと外出時にも使えて便利ですね。
また、濡らした服を着せるだけでも体温が下がりますよ。

体の中からクールダウンする方法も

氷や手軽にあげられる犬用アイス、冷やした野菜がおすすめ。
きゅうり、バナナが好きな子も多いようですよ。

飼い主さんと一緒に冷たいスイーツやかき氷を食べて涼むのもいいですね!

Recent Entry

最近の記事