一緒に旅行に行きたい! ペットの輸送費用は?

一緒に旅行に行きたい! ペットの輸送費用は?

「旅行に行くとき、ペットも一緒に連れて行きたい……」

そう思う飼い主さんも多いのではないでしょうか。
また、仕事の事情で遠方に引っ越さなければならなくなったという方もいらっしゃるはずです。

でも実際どれくらいお金がかかるの? 必要な条件は? など、意外と知らないペットの輸送についてまとめてみました。

飛行機に搭乗する際、どうやって預ける?

一般的に、「クレート(ケージ)」と呼ばれるケースに入れれば「受託荷物」、もしくは「貨物」として預かってもらえます
中には「かわいい我が子を荷物と一緒に預けるなんてかわいそう!」と思う方もいるかもしれませんが、ペットが入る貨物室は客室内と同じ温度や気圧に保たれる仕組みになっています。

ただし、

  • 外気の影響で夏場は高温になる場合もある
  • 飛行中は照明が落とされ暗闇になる

点は注意が必要です。
基本的にはどの航空会社もペットが安全に過ごせるよう配慮してくれますが、日常生活とはまったく違った機内では体調を崩してしまったり、最悪のときには死傷してしまうようなリスクもゼロではありません

大切なペットを旅行に連れだす際、こういった環境に預けられるということも知っておいてください。

各航空会社の輸送料金は?

主な航空会社のペット輸送料金や条件を国内線に絞ってみていきましょう。
いずれの航空会社もペットの種類や季節などでさまざまな取り決めがあるため、ご利用の前には一度公式サイトやお問い合わせの上、条件を満たしているか確認されることをおすすめします。

JAL

公式サイトでもペット用のページが設けられ、かなり力を入れている様子が伺えます。

対応できる種類 体重制限 料金 クレートレンタル 公式サイトの画像犬種
犬(フレンチ・ブルドッグ、ブルドッグを除く)、猫、小鳥、うさぎ、ハムスターなどの小動物 クレート含め32キログラム以下、かつ受託手荷物含め100キログラム以下 〇() 3,000円~6,000円 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ペットとおでかけサービス(ご搭乗サポート) – JAL国内線

ANA

対するANAもやはり専用ページがあり、情報量はJAL以上の充実ぶり。
こちらはJALとは違い、夏季のみ「短頭犬種」が預けられないようです。

対応できる種類 体重制限 料金 クレートレンタル 公式サイトの画像犬種
犬、猫、小鳥、うさぎ、ハムスター 無制限 4,000円~6,000円 ゴールデン・レトリーバー

ペットをお連れのお客様 [国内線] | Service & Info 国内線 | ANA

スカイマーク

スカイマークはLCC枠では貴重なペット輸送対応の航空会社。
ケージの貸し出しも無料で行っている力の入れっぷりです。

対応できる種類 体重制限 料金 クレートレンタル 公式サイトの画像犬種
犬(短頭種除く)、猫、小鳥、うさぎ、ハムスター、リスなどの小動物 51×69×48センチケージまで 一律5,000円 〇(無料) ポメラニアン

ペットのお預かり|手荷物|スカイマーク SKYMARK

ジェットスター

新進気鋭のLCC、ジェットスターですが、残念ながらペットの輸送には対応していないようです。

与圧調整設備を備えていないため、ジェットスターでは、ペットのお預かりはできません。

受託手荷物(お預け手荷物) | ジェットスター

フェリーという選択肢も!

空路ではなく海路、フェリーならペットと同室で一緒に過ごせるものも増えてきており、預けるケースでも飛行機と違い気軽に様子を見に行けるため安心感があります。
最近ではドッグランを設けているフェリーもでてきているそうで、今後ペットとの旅行はフェリーが主流になるかもしれませんね。

ペットとの旅行まとめ

わたしは犬を飼っているのですが、「旅行に行くときは車。行ける範囲も限られた範囲内で」と自然と選択肢が限られてしまっていました。
今はもう老犬なので飛行機に乗せたりはしないのですが、家族での旅行で愛犬が一緒にいられるのは思い出にも残り、素敵ですよね。

ペットブームの影響か航空会社でも少しずつペットの扱いが重視されてきているので、これからもっと家族と愛犬が安心していろんなところへ行けるようになったらいいなと思います。

Recent Entry

最近の記事